古物商許可ガイド

 

はじめて古物商許可申請をする方のために専門の行政書士がやさしく解説しております。

※よりわかりやすく解説するため、法令等に使用されている用語とは異なる用語・表現を一部用いております。

 用語の解説

 

 古物商を営むうえで、古物営業に関する言葉の定義や用語を理解しておくことは大変重要になります。本ガイドでは、これから古物商を取得しようと考え...続きを読む

 

 古物商許可が必要な場合・不要な場合

 

 古物営業法はわかりづらい表現が多く、これから事業(副業)を始めようとしている方で、その事業に古物商許可が必要なのか不要なのかの判断に迷われ...続きを読む

 


 古物商の欠格事由

 

 欠格要件とは、古物営業の許可(古物商許可)を受けるための要件で、申請をした者が一定の前科があるなど、以下の欠格事由に1つでも該当している場...続きを読む

 

 古物商許可申請手続きの概要

 

 新たに古物の売買を業として始めようとするときは、営業所の所在を管轄する都道府県公安委員会(実際の窓口は所轄警察署の生活安全課)に「許可申請...続きを読む

 


 古物商許可申請の必要書類

 

 古物商許可申請をおこなうには「許可申請書」と「添付書類」が必要になります。個人申請と法人申請では記入内容や提出書類が異なり、また提出する書...続きを読む

 

 変更届出・書換申請手続きの概要

 

 古物商許可を取得した後、営業内容に変更があったときは公安委員会(窓口は所轄警察署)に変更届出書を提出しなければなりません。また、その変更事...続きを読む